« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月27日 (水)

往きて還らず 文庫化 7月28日発売!

Img_0320_2 

往きて還らず (新潮文庫)

「この話だけは絶対に書くな」と父は言ったー 
国に命を捧げた男たちと、彼等の想いに殉じた女の
哀切極まる恋愛譚。
鬼六文学の最高峰、そして原点ともいえる最新長編。

生前つかこうへいがこれぞ最高の純文学である、
と太鼓判を押した小説。三人の特攻隊員と一人の美女。
出撃命令を待つ彼らの間にはある密約が交わされていた。
死を間近に控えた彼らが択んだ究極の愛のかたちとはー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

コミック 肉の顔役 第一集 発売

私が自分の官能作品の中で
特に気に入っている作品を上げるとすれば
「肉の顔役」である。~  
鬼六ブログより

Img_0318_2 

肉の顔役 第一集
原作:団鬼六 絵師:長田要

7月28日発売!竹書房刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

小説新潮 8月号発売

「赦しの鬼」団鬼六の生涯 大崎善生 著

連載第2回 掲載中!

相場と女、そして夜逃げ。青年となった鬼六を、奔放な父が翻弄する。

小説新潮 2011年 08月号

51ewjpi0cl__sl500_aa300_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

愛人犬 アリス 発売!

ブログで大人気だった鬼六の愛犬アリスが本になりました。
鬼六が最後に書いた原稿は愛犬アリスへの想いでした。

「女なしの老年の夕映えの世界、
それもまた美しいかもしれぬと思えてきたのだ」

Img_0267_2 

愛人犬アリス 7月25日発売! ブックマン社刊

写真イラストエッセイで綴る
大人のための新たな犬物語の誕生!

現代における老年世代と愛犬の関係とは?

Img_0268_2

団鬼六先生が亡くなる一週間ほど前に書いた
絶筆原稿は、官能小説ではなく、
愛犬アリスとの別れの予感、切なる想い。

イラスト・たかしまてつを

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

団鬼六 追悼絵画展  銀座 ヴァニラ画廊

Img_0257_2

耽美と反逆の無頼派作家 団鬼六氏と
生前にかかわりのあった画家たちによる
挿絵や装丁原画を展示し、
この稀有な作家の業績と人柄を振り返ります。

作品が発表された当時の時代の気配を伝える
貴重な原画と本展のために描きおこされた作品も
展示します。

独特な美意識とアウトロー的な世界観を築いた
団鬼六ワールド、この作家と画家の共同作業を
特とご賞玩ください。

銀座 ヴァニラ画廊

展示作家
堂昌一(春日章)、沖渉二、宇野亜喜良、小妻容子
笠間しろう、熊田正男、小宮山逢邦、空山基、前田寿安
特別展示 
美濃村晃(喜多玲子)

団鬼六 追悼絵画展
2011.7.25(月)~8.6(土)

http://www.vanilla-gallery.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »