« 団鬼六儀 葬儀日時 | トップページ | 小説現代 6月号 『私本 西鶴草子』 »

2011年5月16日 (月)

父 団鬼六

「 ゆっこ、いつまで生きられるかわからんけど、俺は死ぬまで生きるからね」

その言葉通り、父は79年の人生を最期まで色濃く、鮮やかに生き抜きました。
4月10日、これがいよいよ最後のどんちゃん騒ぎと覚悟して出した花見舟は
父の人生を賞讃するような満開の見事な見事な桜でした。

懐が大きくて、
呆れるほどお人好しで

優しくて
短気で
涙もろく、

粋で、大胆で
かと思うと
臆病でだらしなくて

お茶目でかわいらしく

溢れるほどの知識とユーモアがあって…。

最高の父で、最高の男です。

人の羨むような、オモロイ波乱万丈の人生を送ってきました。
運のいい人だ、と皆言いますが、それだけではなく、
父は いつどんな時でも人生の楽しみ方を知っていたからこそ、
こんなに素敵な一生を送ってこられたのだと思います。

人を楽しませるのが大好きでいつも多くの人たちに囲まれていました。
世間からアウトローと倦厭される人でも、父の前だとなぜか許されるようなそんな器の大きさがありました。

”Everything,everybody is OK.”それが父の生き方でした。

父は 我が人生悔いなし、といっているでしょうか、
いや、まだやり残したことがある、といっているでしょうか。

どちらにせよ、私はもっと父の紡ぎだす文章を読んでいたかったし、
そして、多くの人に囲まれ、談笑する姿をいつまでもいつまでも見ていたかったと今はひたすら涙がこぼれて仕方ありません。

今まで多くのご声援、激励のツイート、コメントをいただき、
本当にありがとうございました。
どんなに私たち家族の支えになっていたか計り知れません。

父の言葉や生き様が皆様の心の片隅にそっと、
そして凛と咲く花のようにいつまでも香りを放ち続けていてくれれば
家族としてこんなにうれしいことはございません。

ありがとうございました。
そして
これからも団鬼六をよろしくお願い申し上げます。


    Photo_2           

    

    ただ遊べ 帰らぬ道は 誰も同じ 
                                       柳は緑 花は紅


    一期は夢よ ただ狂え

             

                           団鬼六事務所 
                                                                      肥沼 由起子

   

|

« 団鬼六儀 葬儀日時 | トップページ | 小説現代 6月号 『私本 西鶴草子』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ツイッターを通してのおつきあいでしたが、どんなに団先生に励まされた事か。。。今はただただ、ご冥福をお祈り致します。そして、

>これからも団鬼六をよろしくお願い申し上げます。

こちらこそ、今後もどうぞよろしくお願い致します。

投稿: reppoko | 2011年5月16日 (月) 13時39分

由起子さん はじめまして。
私は 鬼六先生の書かれたものから色んなことを学びました。
ツイッターやブログでは 先生のお人柄がとてもよく出ていて そばでオーラを感じてみたいと思っていました。
先生の言葉『一期は夢よ ただ狂え』は 先生自ら実践してきたことでしょうね。
本当に 極限状態でも先生ならその状態を楽しむに違いないと思っています。

私は 心の病にかかっています。でも それも自分、そんな状態でも楽しく過ごせることができるんだと先生の言葉で気づかされ 今は そんな自分を受け入れ そしてそんな自分で楽しみ そんな自分でできることをやっています。
私の中で 鬼六先生の存在は 大きくなるばかりです。

震災にふれたブログをよんだ時 なんてやさしく 根が強い人なんだろうと思いました。

私の中で先生は 優しく笑っています。

このような方をお父様に持つ由起子さんは 幸せですね。

先生にいただいたツイッターでの言葉「快楽を絶ち写経をするのも得度なら 快楽に溺れるのも得度でっせ」を世の中を見る目にしようと思います。

投稿: かおり | 2011年5月16日 (月) 14時13分

ご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: | 2011年5月16日 (月) 20時41分

先生の文章は何百年経っても、この国で必ず読まれていると確信じています。

投稿: nobu | 2011年5月16日 (月) 22時09分

ありがとうございました。とても素敵な言葉です。
また、迷ったりしたら何度でも読みます。

投稿: サイカ | 2011年5月18日 (水) 00時38分

ゆっこさん、

先生のことが大好きでいらしたのですね。
だって、本当に人間味のある優しい方だったと言うことは、実際に存じ上げなくなくても分かります。
私も、先生がご他界され、とっても寂しい気持ちです。
もし、可能ならば、このブログ、ツイッターなど
暫くこのままにしていて下さい。
たまに遊びに来たいです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

*アリスも寂しがっているのでしょうね・・・。

投稿: hachifuku | 2011年5月19日 (木) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310111/39978938

この記事へのトラックバック一覧です: 父 団鬼六:

« 団鬼六儀 葬儀日時 | トップページ | 小説現代 6月号 『私本 西鶴草子』 »