« 草食系男子からの人生相談2 | トップページ | 鬼六おぼろ談義 大山名人編 »

2011年3月 3日 (木)

草食系男子からの相談2 鬼六回答「男たるものライオンになれ!」

私も以前、新橋でバーを経営していた時、
ホステス達の愚痴話に引きずりこまれた経験があるから、
この手の話の低俗加減は良く分かります。

大体どちらも、私の意見の方が合っている、と
主張しあうだけで相手を認めようとはしていないわけだから、
そこに何とかコミュニケーションをもたらそうと
右往左往しても疲れるばかりだと思います。

あなたも言っているように、確かにどっちでもいいことで、
下手に愛想良く答えていたら、八方美人に思われて、
後でとんでもない仕打ちを喰らうことになります。

 
こうした場合私は、男たるものライオンになれ!と助言したい。


ライオンは、通常、メス十頭ほどの中に
オスは一匹
~二匹で群れをなして行動しています。
メスは集団でやっと捕らえたエサを確保して
オスライオンのところに持って行くと、
オスはそのエサを当然のように悠然と喰らい、
その後、オスの食い散らかした残りのエサを
メスライオンたちがギャーギャー奪い合いながら貪り食うわけです。

そのメス達の奪い合いにオスライオンたちは全く我関せず、
といった具合に芝の上に寝そべって遠くはるかサバンナの先を見つめています。
時に敵を見つければ、百獣の王たる堂々としたひと吠えで一喝し、
群れを守ることを忘れません。

 
このオスライオンの貫禄、威厳さを見本にすべきではないでしょうか。
間をとろうとハイエナのような姑息な姿を見せるのは
好ましくない上に軽蔑されるやもしれません。

ライオンでも、人間でもオスとメスの立場は自ずと違うものであると認識し、
互いに尊重しあえるような棲み分けをすべきでしょう。

あなたが威厳をもった態度で望めば、
女性人たちもあなたに愚痴話を持っていこうとはしなくなり、
職場の上司としての畏敬の念を抱くことと思います。

|

« 草食系男子からの人生相談2 | トップページ | 鬼六おぼろ談義 大山名人編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

団先生は亡くなられたのですね。
ご冥福を申し上げます。
実は先生と同じく現在79歳です。
「ピンピンコロリ運動で生涯元気に!」のブログを運営しています。 

投稿: 佐藤光男 | 2011年5月26日 (木) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310111/39056896

この記事へのトラックバック一覧です: 草食系男子からの相談2 鬼六回答「男たるものライオンになれ!」:

« 草食系男子からの人生相談2 | トップページ | 鬼六おぼろ談義 大山名人編 »