« 草食系男子からの質問 | トップページ | アリスと競争 »

2010年12月 8日 (水)

草食系男子への鬼六回答

鬼六回答

あわれ、秋風よ、情(こころ)あらば伝えてよ

男ありて、今日の夕餉に ひとり

秋刀魚を喰らいて 思いにふける

これは詩人 佐藤春夫の詩「秋刀魚の歌」の一節ですが、
サンマとかイワシとかいうユーモアな詩情の中に
恋愛の苦悩を滲ませた卓絶した手法が感じられます。

あなたは上司の女性に恋したそうですが、
理由もわからぬまま振られ、
しかしまたいつの間にか付き合いが始まって
一緒に食事することになったが、
また何時振られるかわからないから
戦々恐々としながら付き合っている、とか。
それで相手の嫌がることだけはするまいと怯えながら食事を共にするなど、
そんなあなたのギクシャクした様子が眼に見えるようです。

しかし要するに彼女は食事以外、あなたに興味を示さないのでしょう。
女性は時として残酷で、恋愛感情はなくても
自分に好意を寄せている男性は自分に自信をつけされてくれる道具、
寂しさを紛らわせる道具となり得るわけです。
厳しいことを言うようですが、
いくらその上司の女性を追いかけても無駄なように思われます。
恋愛感情はファーストインスピレーションが大事で、
一度あなたを捨てた女性が後になって寄りを戻すという事は
あり得るはずはないのです。

この秋刀魚の歌のように、夕餉にひとり、秋刀魚を喰らいて思いにふける、
という生活に入ったほうがいいと私は思います。
そうした振られた男の孤独感や、
秋刀魚喰らいながら熱い涙を滴らせるというユーモアが
やがて彼女の心の琴線をくすぐり、本当に寄りが戻るということもあり得ます。

あなたは相手に気を使いすぎて、自分の気持ちや欲求を伝えられない、
とありますが、女性側ならわかりますが、
男性側のそういう欲求不満は理解できない。

要するに男は女に惚れさせなければいけないということです。

|

« 草食系男子からの質問 | トップページ | アリスと競争 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生、下手な占いよりも当たってます。
的確な診断がおりましたね。

投稿: blackout0025 | 2010年12月 8日 (水) 13時28分

こんちは。SMというと、けたはずれの財力や権力をもったおそろしい大人がしているイメージがあり、自分は人生の敗者なのかという思いにとらわれていましたが、団先生が犬にやさしく、看護士さんからもしたわれていて混乱しました。失礼ですみません

投稿: 荒木 真治 | 2010年12月10日 (金) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310111/37977740

この記事へのトラックバック一覧です: 草食系男子への鬼六回答:

« 草食系男子からの質問 | トップページ | アリスと競争 »