« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

鬼六出版記念&忘年会

Cimg0932

銀座「白いばら」を貸し切って
「死んでたまるか」自伝エッセイの出版記念兼忘年会をした。
久方ぶりのメンツも集まり、大いにドンチャン騒ぎをし、楽しんだ。

あぁ、こりゃ、こりゃ!こんなことしてる時が一番楽しい。
いろんなことのあった一年だったが、終わり良けりゃすべて良し。
いい年の暮れ。来年もいい年になりそうだ。
みなさん、ほな良いお年を!!

Cimg0902

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

メリークリスマス!

Cimg0879

メリー クリスマス!

去年はもらえたケーキ、今年は貰えず 拗ねるアリス

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

盤犬?駒犬?

Scimg0871

本日NHKの「こだわり人物伝」の取材インタビュー

棋界の風雲児 升田幸三先生について語る。

うしろの掛け軸は横浜時代に大山先生が書いてくださった掛け軸。

横浜時代にあった値打ちある駒や、駒置き、将棋盤の足なんか、
皆、こいつがかじってしまった。

「あれ?桂馬が一個ない。どこいった??」
と探してると、横のアリスの口からポロリ…
なんてことがようあった。

来年2月に放送予定。ご覧下さい。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

つかこうへい劇団「往きて還らず」舞台化によせて

Yukite

つかさんはやはり天才だ。

自慢じゃないが、私の官能小説を映画化したいという話は数多い。
私が描く官能小説作品の中から考えれば
この「往きて還らず」はいわば異端である。

更に戦争を描く小説としても、
神と崇められた特攻隊とその女の性の話なのだから
これまた異端である。

これに眼をつけられたつかさんはやはり凄い。

常に時代に一石を投じてきたつかさんに見初められ、
私は俄然自信がついた。

つかさんからこのオファーをいただいた時私は病室にいた。
丁度がんの告知を受けてその治療のため入院していたのだ。
精神的にも参っていたのだが、
舞台化の話を聞き、彼のチャレンジ精神と勇気に
彼よりもひと回り以上も年長の私は大いに励まされたのだ。

といっても残念ながらつかさんに会うことは叶わなかった。
彼も同じ時期にがんを患いあまりにも早く逝ってしまった。

一度話をしたかった。
彼の演出する舞台を観てみたかった。

彼がいなければ当然、舞台化は消滅するだろう。
そう思って私は諦めていたのだが、
劇団員は師匠の言いつけを守って舞台化に漕ぎ着けてくれた。

その師弟愛というのか、情熱というのか、
私は実に感動している。

小説に登場する特攻隊員が
命を懸けて惚れた女を次の世代に託して飛び立ったように、
つかさんが芝居の魂を劇団員たちに残して
颯爽と飛び立ったように思えてくるのだ。

多くの方に、つかさんの魂と劇団員たちの情熱を、
そして生きるということを、
この舞台を通して感じて欲しいと願っている。

北区つかこうへい劇団「往きて還らず」

2010年12月16日~12月19日
北区滝野川会館 大ホール
 詳細はこちら

原作本「往きて還らず 」新潮社刊

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

飼い主の姿?

Scimg0860

こういう酔っ払いよういるな、といったら

あんたにそっくり、やて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

アリスと競争

Scimg0845

アリスは43kgあった体重が38kgになった。
目標は35kg

私は60kgあった体重が55kgになった。
目標は60kg

痩せなければならぬものと太らなければならぬもの。

難ぎやな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

草食系男子への鬼六回答

鬼六回答

あわれ、秋風よ、情(こころ)あらば伝えてよ

男ありて、今日の夕餉に ひとり

秋刀魚を喰らいて 思いにふける

これは詩人 佐藤春夫の詩「秋刀魚の歌」の一節ですが、
サンマとかイワシとかいうユーモアな詩情の中に
恋愛の苦悩を滲ませた卓絶した手法が感じられます。

あなたは上司の女性に恋したそうですが、
理由もわからぬまま振られ、
しかしまたいつの間にか付き合いが始まって
一緒に食事することになったが、
また何時振られるかわからないから
戦々恐々としながら付き合っている、とか。
それで相手の嫌がることだけはするまいと怯えながら食事を共にするなど、
そんなあなたのギクシャクした様子が眼に見えるようです。

しかし要するに彼女は食事以外、あなたに興味を示さないのでしょう。
女性は時として残酷で、恋愛感情はなくても
自分に好意を寄せている男性は自分に自信をつけされてくれる道具、
寂しさを紛らわせる道具となり得るわけです。
厳しいことを言うようですが、
いくらその上司の女性を追いかけても無駄なように思われます。
恋愛感情はファーストインスピレーションが大事で、
一度あなたを捨てた女性が後になって寄りを戻すという事は
あり得るはずはないのです。

この秋刀魚の歌のように、夕餉にひとり、秋刀魚を喰らいて思いにふける、
という生活に入ったほうがいいと私は思います。
そうした振られた男の孤独感や、
秋刀魚喰らいながら熱い涙を滴らせるというユーモアが
やがて彼女の心の琴線をくすぐり、本当に寄りが戻るということもあり得ます。

あなたは相手に気を使いすぎて、自分の気持ちや欲求を伝えられない、
とありますが、女性側ならわかりますが、
男性側のそういう欲求不満は理解できない。

要するに男は女に惚れさせなければいけないということです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

草食系男子からの質問

インタビューがくるとよくされる質問が「草食系男子についてどう思うか」というものだ。
毎度すぎて読者も飽きてきたのではないかと思うのだが、
こういう男子は昔からいたわけで、ただその比率が多くなってきているのは確かだろう。

鬼六相談に寄せられた相談から。

相談者1
昨年、片思いしていた上司(女性)にアタックし続け、付き合う事になったのですが、理由も分からぬまますぐ振られてしまいました。 その後、どうしても諦めきれずアタックし続けたところ、最近また付き合う事になりました。

一度振られているので、相手の嫌がる事はすまいと努力しているのですが、現在の関係はたまに食事を一緒にするだけです。

付き合うってどういうことなのか、わからなくなってしまいました。

団先生、どうしたらうまく相手の気持ちを確かめられるでしょうか。嫌われるのが怖いです。

相談者:勤務書店不明 男性 28歳 匿名

鬼六回答は8日水曜に掲載します。

(相談・質問は受け付けておりませんのであしからず。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

花と蛇3 DVDブルーレイ12月3日発売!

小向美奈子主演 花と蛇3 DVD ブルーレイ いよいよ本日発売!

SM官能文学「花と蛇」を極限の映像で描く、待望の第3弾。
注目の静子夫人に、今最も危険な香りを漂わす女、小向美奈子を迎え、

更なる禁断の領域へと踏み込んだ!

51bzyhhsdtl__sl500_aa300__2

●映像特典(予定)
◆劇場予告◆3D映像(本編より抜粋)
・特典映像(3D映像)を正しく視聴するにはサイドバイ サイド方式の3D立体映像用TVモニターとTVに付属の3Dメガネが必要です。
●封入特典:ポストカード(予定)【初回生産限定】
※ポストカードは限定生産品です。在庫がなくなり次第、通常の仕様での販売となります。

「なんやて、今度のは飛び出してくるの。へぇ。よぅ、考えるわ。
やらしいな~。(笑)」団 鬼六

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

男三匹?女を語る

婦人公論で大崎善生氏と対談。


Cimg0851_2 

男三匹?女を語る。

テーマは”女の業、恥じらい”

あの婦人公論がSM作家を取り上げるってんだから
時代も変わったもんだ。

女性スタッフがたくさん来るとつい嬉しくなって
また鰻屋いってごちそうしたった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »