« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

猛暑

こう暑くってはかなわない。

人間だって犬だって
冷房の効いた部屋から
一歩たりとも出たくはない。

だけど、
大好きな甲子園も終わった事だし、

『ちょっと出てみるか』

とアリスに声を掛けると

寝そべりながら、
かったるそうに尻尾を振った。

Osanpo

dash

dashdash

dashdashdash

… 人間も犬も

…… 5分でバテた。

Osanpo2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

『花と蛇3』公開初日 舞台挨拶決定!

sign01『花と蛇3』公開初日 舞台挨拶決定sign01

8月28日(土)
場所:銀座シネパトス
時間:11:00の回上映後13:20の回上映前の2回実施
登壇者(予定):小向美奈子・水谷ケイ・小松崎真理・成田祐介監督・団鬼六

まだまだ残暑厳しゅうございますが、
是非とも、足をお運びください。

【鬼六】

8月28日 銀座シネパトス情報

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

名店めぐり 【うなぎ】

私の好物はうなぎである。

週に三日透析に通っているが、
それと同じくらいと言っていいほど
うなぎ屋にも通っている。

私は肉類はほとんど食べない。

だからスタミナ源といえば、
「うなぎ」となる。

「よく飽きないわね」
と家人から失笑されるほどだが、
三日うなぎを食べないと
なんだか落ち着かなくなってくるのだからしかたがない。

病院に入院していた時も、夢にうなぎが出てきた。
入院した時は
ほぼ何も食べ物を受け付けなかったが、
退院してうまいうなぎを腹いっぱい食べてやる、
という一心で辛い治療にも耐えてきたのだ。
というのも大袈裟だが、
実際 退院してからうなぎを貪り食った。

退院して間もなかったが、
不思議なことに
おかゆや煮物は喉に引っかかるが、
うなぎだけはスルスルと喉元を過ぎるのだ。

現在体重も5KG増え、
最近では人生最高の女を探すよりも、
人生最高のうなぎを探すほうが
より楽しいと思っている自分が
とてもおめでたく幸せだと感じるのだ。

手始めに
比較的近隣にあって名店と言われる
「五代目 野田岩」に行ってみた。

Noda1

平日夕刻に行ったが、
店内満席、外に人が並ぶほど。

箸袋に
天然の鰻ですので、稀にお吸い物の肝に
釣り針が入っていることがあるのでお気を付けください」

なんて但し書きが書いてある。

なるほど、

天然故に
でっぷりとした鰻ではなく
割と小ぶりで繊細な体裁。

味付けも上品で、さすが、とうなった。

Noda2

箸休めの大根おろしも気が利いている。

食前に食べた琥珀色の煮こごりも
涼やかで喉腰良く、美味。

Cimg0617

そこまで言っておいてなんだが、
やはりもっと味にパンチが欲しいんだな。
田舎者は味濃い目が好きなんだよね。

さて、次はどこに行こうかな。

ここぞ、という
うなぎの名店
がありましたら
是非教えていただければ幸いなり。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

書家の望月先生と洟垂れ小僧

書家の望月先生
真鶴ケープタウン内に画廊をお持ちで
悠々自適に過ごされているようだ。

御年90歳。

「名前を書いていただけますか」

とお願いすると
快諾してくださった。

『鬼六』

Hanatare

含蓄のある素晴らしい書を
これまた味わいのある先生手作りの額縁に入れて
唯一無二の逸品になった。

帰り際、
ひと回り年上の先生に

「元気でがんばってくださいよ!」

と声を掛けられ、
なんだか、
洟垂れ小僧になった嬉しい気分だった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

真鶴ケープタウンにて 【東映の映画のオープニング秘話】

三崎の教員を経て
東京でヒッチコック劇場のアフレコの仕事をしていたが、
その会社がすぐに倒産。

その後一時期真鶴に住んでいた。

後ろに見えるのは三ツ石。

Mituiwa


当時、遊びに来る連中に、
「あれが東映の映画のオープニングのロゴマークの後で波しぶきが打ち付けてる岩や」
と言いふらしたら皆信じた。

Touei

ほんとかどうかボクは知らない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »