« 三浦取材旅行 その3 ~神聖と世俗~ | トップページ | 三浦 油壺 観潮荘にて »

2010年7月26日 (月)

若い方々の反応をうかがいたい! ~エロスの多岐化~

なんどもエッセイに書いてはいるが
私は彦根の映画館の息子として育ち、
初めて自分の中に嗜虐趣味を感知したのは
幼稚園のころ…
雲助たちが
寄ってたかって武家娘を
手篭めにしようとするシーンを見たときである。

私の目には
美しい錦絵のような場面であり、
恍惚と酔い痺れたのを覚えている。

その幼児期体験もあり、
私は小説の中でも
官能時代絵巻を書くときは
自分でも乗っているのを感じる。

最近の時代物は
地獄花祥伝社刊)であり、
これは私の時代絵巻の集大成として描いたものである。

また、
鬼ゆり峠無残花物語(幻冬舎刊)、修羅の花道などの
育ちの良い武家女とまた違って、
気の強い女侠客を主人公にすることもあるが、
これも中学生から大阪時代に
自宅が賭博所になっていたことがあり、
美しい女壷振りが妄想上のモデルになっている。

お柳情炎(幻冬舎刊)
緋桜のお駒(無双舎刊、旧タイトル「縄と肌」)、
陽炎のお艶、(今夏復刊予定)がそれである。

私は20年ほど前に一度断筆した事があるが、
そのきっかけは
若い編集者との色気の感じ方の違いであった。

『芸者の鴇色の蹴出しがチラと覗いた』
と書いたのだが、
それが若者にはわからない。

難しすぎるというものだから、
君が適当に直しておいてくれ、と言ったところ、
「ピンクの腰巻」と訂正してあった。

それでは情緒もへったくれもないではないかと怒って、
私のエロチシズムはもう現代には通用しない
と筆を置いた時期がある。

若者はパンストには色気を感じても、
着物の蹴出しや、長襦袢には
まるで感じないのだろうか。

もし、鬼六小説にお付き合いくださるなら、
一度私の時代絵巻、女侠客物をご一読賜り、
若い方々の反応をうかがいたいと思うのである。

「富田千秋秘密画集団鬼六特別編集・解説」
 7月20日発売!イースト・プレス刊

Himitsu_gasyu

「緋桜のお駒 上・下巻」
 7月20日発売!無双舎文庫刊

Okoma

|

« 三浦取材旅行 その3 ~神聖と世俗~ | トップページ | 三浦 油壺 観潮荘にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は仕事柄、よく着物を身につけますが、最近の若い方には着物の色気が解らないようです。
襟足から項にかかるライン、後れ毛を気にして手をやる仕草、ぴったりと閉じられた前合わせの袂をどの様に崩していくか…。
着物=淑女のイメージがあった頃の、少しずつ剥ぎ取りながら花を開かせる、と言う手順やエロチシズムな妄想などは描けず、着物=年寄り・面倒・古臭いと言う感覚にあるようです。
着物の仕組み、遊び心など知るはずもなく、『椿の織り模様が施された、濃い朱の襦袢の裾がちらと覗いた』が、『深く入ったスリットから、真紅のパンティーのレースが見えた』には繋がらないのです。
『チラ見せ』がもはや『チラ』ではなくなった今、裾からこぼれる足元の乱れや艶めかしさなど、解る筈もないんですよ。
そりゃ、マイクロミニだとかホットパンツだとか、足を丸出しで見せびらかしてるんですから、今更『チラ見え』に興味は沸かないんでしょうね。

投稿: 流刑地の縛束奴隷 | 2010年7月30日 (金) 13時53分

こんにちは。初めまして。
先日鬼六さんの「美少年」を拝見し、
今まで感じたことのないような気持ちになり、
3日たった今でもその気持ちが続くので
鬼六さんのブログに辿りつきました。

私は大学生なので、鬼六さんのおっしゃっている「若者」に属するのではないでしょうか。
鬼六さんの時代絵巻、女侠客物読みたいと思います。
これから読む、鬼六さんの作品楽しみです。

投稿: ◎ | 2010年8月 1日 (日) 00時26分

二十歳の時手にした「花と蛇」から先生の世界に浸っています。エロスをどこに感じるかは 個性もあるのでしょうか。日本文化に 日本人の表現に 私はサドマゾの言語が生まれた国にない エロスを感じます。鴇色という色表現。実際の翼の裏の儚く美しい微妙な朱。抑えて隠して楚々とあることの強さ。 裏返すことを 返されることを秘めた真逆のエロス。文字にして豊かな蒔絵にして目の前に並べていただいてる感です。

投稿: 結子 | 2010年8月11日 (水) 03時39分

流刑地の縛束奴隷さん、◎さん、結子さん
ご意見、おおきに。
これからも末永くお付き合い下さい。

投稿: 鬼六 | 2010年8月11日 (水) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310111/35823310

この記事へのトラックバック一覧です: 若い方々の反応をうかがいたい! ~エロスの多岐化~:

« 三浦取材旅行 その3 ~神聖と世俗~ | トップページ | 三浦 油壺 観潮荘にて »