« データ(「原稿紛失騒動③」) | トップページ | 名人戦 »

2010年5月12日 (水)

映画制作悲喜こもごも (3)

愛染恭子の引退映画は
先日公開された「奴隷船」(新潮社刊)だったが、
引退映画というと記憶に残るのが、
谷ナオミが引退した「縄と肌」(現タイトル「緋桜のお駒」)
という女侠客の役柄だった。

やはり、引退公演は
「皆々様、ありがとうござんした!」
と気風のいい結い髪で
深々と頭を垂れるというシーンがジーンとくる。

懐古趣味と言われればそれまでだが
そんなことが脳裏に巡って
これで愛染を引退させるのが
無性に惜しまれてきた。

それで引退映画公開終了の報告をしにきた愛染に
開口一番、

「よし、愛染、やっぱり俺がもう一本脚本書いてやる。
引退映画は女侠客でなきゃあかん、だからもう一回脱げ!」

と言ったら、眼をパチくりさせていた。

|

« データ(「原稿紛失騒動③」) | トップページ | 名人戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310111/34313057

この記事へのトラックバック一覧です: 映画制作悲喜こもごも (3):

« データ(「原稿紛失騒動③」) | トップページ | 名人戦 »