« 名人戦 | トップページ | 日活ロマンポルノ発売!In France »

2010年5月21日 (金)

最後の愛人 5月19日発売!

表紙は「夕顔夫人」に続き、天野喜孝氏の画で実に見事である。

Saigono_2


10年程前にも何冊か
天野氏の画で装丁してもらった作品があるが、
インパクトがあり、夢幻の美といおうか、摩訶不思議な世界観といおうか
私の本の装丁の中でも特に異彩を放つ美しさである。

この私の書籍の装丁に
天野氏の絵の起用を企画した当時の編集者が独立し
昨今、無双舎という出版社を立ち上げた。

今、目の前に天野氏装丁の「夕顔夫人」「最後の愛人」が置かれているが、
この編集者、いや、今や社長とドンチャン騒ぎした当時のことを
懐かしく思い出し、感慨に浸る思いである。

できる編集者だとは思っていたが、
このご時勢に社長になるとは偉い男だ。

「最後の愛人」共々よろしくお頼み申す。


文庫版 「最後の愛人」 無双舎文庫
http://musosha.hondana.jp/book/b62717.html

(内容説明より)

さくらが散った、散ってしまいよった…。

24歳の愛人が自殺を遂げた。慟哭が胸をついて溢れだす。

72歳作家が辿った、「定年」した男たちの夢の後先―

24歳の若き愛人さくら。好みの女の原型ともいえる美しい女、ノンセックスの愛人。
彼女を女に磨き上げる事に生きがいと悦びを見出す72歳の作家。
しかし彼女は春の訪れを待たずに自らの命を絶つ。
取り残された老作家が綴る、狂おしく、美しい愛惜の日々。

|

« 名人戦 | トップページ | 日活ロマンポルノ発売!In France »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本日、生まれて初めて団先生のご本をホ-ムセンタ-(!)にて購入しました。体調を崩されていると何処かで聞いたのに「最新刊」との帯が付いていたので不思議に思ってふと立読みしたのですが…20数頁ほど読んで、涙が出てきました。70歳を過ぎた、しかも女というものをあらゆる意味で知り尽くしたであろう男性が「性的不能」であると言いながら、ノンセックスのまま若い美女を丹念に語るその語り口が何とも胸に迫ってきたのです。

登場する勝目梓氏の本は13歳の時に一時的に夢中で読みました。しかし何故か団先生の方は通り過ぎていました。もっと早くに読んでいればよかったと思いました。

当方、日頃無感動な生活をしております。美しい物語を先生がこれからもお書きになるのを大いに期待しています。

投稿: カスト-ル | 2010年5月21日 (金) 21時56分

こんばんは。
肉の顔役、紫彩乃さんでお願いできませんでしょうか。
いじめられ顔の女優さんです。

ぜひ一度ご検討を。

投稿: あなぐま変態 | 2010年5月25日 (火) 22時00分

表紙の感じが実に好きです。
タイトルの白抜きの文字に線描(これは、エッチング?)の画。
繊細さがあふれていて、妙に惹かれます。
6月に10日間程休みをとる予定ですが、その時に
読んでみます。
さくらと言う名前と『散った』と言う言葉に秘められた危うい関係。
どんな内容だろう? た・の・し・み。

投稿: hachifuku | 2010年5月26日 (水) 22時56分

本当に素晴らしい表紙ですね!!
内容も楽しみ。。。

投稿: you | 2010年6月 4日 (金) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310111/34790130

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の愛人 5月19日発売!:

« 名人戦 | トップページ | 日活ロマンポルノ発売!In France »