« 出版パーティ | トップページ | 血圧低下 »

2010年2月15日 (月)

関学惜敗

第2試合で中京に当たるとは関学もついてない。

中京は強豪であるから、始めからあまり期待しないで見ていた。
案の定、初回から2点取られ、
見るに耐えない試合になるかと思ったら、
すぐに点を取り返し、勝ち越し点まで奪った。

こうなるとこちらもかじりついて声張り上げて観戦する。

中京のピッチャーの体の大きさに比べると、
関学のピッチャー山崎君は小さくて、
筋肉もまだ十分ではない中学生のような体つきをしているが、
彼は二束のわらじで、
キャッチャーもやれば、その次の回にはピッチャーに登板する。

一人二役をこなす小さな体に
応援側のこっちは熱いものがこみ上げてくる。

同点で迎えた9回。
その裏、山崎君の健闘空しく
きれいなホームランを打たれてサヨナラ負けとなったが、
高校球児らしいいい試合だった。


満塁の押し出しがあったり、エラーしたり、
ピッチャーをやってた奴が、またキャッチャーもやってみたり、
そんなこと
プロでは考えられないようなシーンが多々おこる。

それが初々しく、そのひたむきさが美しい。

そういえば、まだ広告費支払ってなかったっけ、
と請求書を恨めしく見る。

負けた後に払うなんてなんだかアホらしく思えてくる。

今度関学が出場するときは
缶ジュースや松坂牛なんかを
直接差し入れしてやるほうがずっといいなぁ。

(2009817日 記 )

|

« 出版パーティ | トップページ | 血圧低下 »

過去のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310111/33387932

この記事へのトラックバック一覧です: 関学惜敗:

« 出版パーティ | トップページ | 血圧低下 »